読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひらいずみまゆの「?」第二部

読まれる事を少しは意識していますが、基本的に無責任な自分用のメモです。気まぐれ更新。

「ソフール プレーン」でヨーグルトを作ってみる(1)

ヨーグルト

 ドリンクタイプ以外のヨーグルトにも手を出してみました。このやり方が適切かは分かりませんが、カップに入ったまま振って中身を崩してから、ヨーグルティアの器に入れて牛乳と混ぜました。
 

  • ソフール プレーン」を使用した(内容量100ml)。
  • シロタ株(ラクトバチルス カゼイ シロタ株(L. casei strain Shirota) YIT 9029)を使用。
    生きたまま腸内に到達し、良い菌を増やし、悪い菌を減らして、腸内の環境を改善し、おなかの調子を整えるとして特保を取得。

 
 「適温は37度で、15度以下や41度以上では増殖が止まる」との情報があります。大元のソースが無いため、正しいかどうかは分かりませんがひとまず信じてみます。
 

  • 「明治おいしい牛乳」を使用(冷蔵後、発酵前に電子レンジで3分間加熱)。
  • 発酵温度は37度
  • 発酵時間は10時間。
  • 加糖はしていない。
  • 固まっているが少し柔らかい。酸味が多少ある。

 
 製品のソフールには、ゼラチンと寒天が使用されています。このことから、もともと固まり具合が弱いものと思われます。製品同様に独特の風味があるので、はまってしまう人もいるでしょうね。次は12時間で試してみます。