読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひらいずみまゆの「?」第二部

読まれる事を少しは意識していますが、基本的に無責任な自分用のメモです。気まぐれ更新。

SDカードバックアップでメール復元失敗→手作業で復活

N-07D

 ※別のエントリーでやり方について改めて紹介しました。
  http://lodispo.hateblo.jp/entries/2013/01/14 を参照してください。

 

 SDカードバックアップで、受信箱のバックアップ84通分を復元する際に33通目で必ずつまづき、以降のメールを復元できない状況に陥りました(面倒なので原因の追及はしません)。そうでなくてもSDカードバックアップは処理が非常に遅いため、これに頼ることをやめようかと考えています。

 ともかく、このままでは困ります。SDカードバックアップで残されたメールデータを、このアプリを使わずにspモードメール側に戻す方法を見つけたので、後々のために書いておきます。

 

  1. PC Link Toolでバックアップしたメールを取り出す
    SDカードバックアップは、バックアップしたメールのデータを、以下のディレクトリに保存しています。

    • /mnt/sdcard/com.nttdocomo.android.sdcardbackup/(autoまたはmanual)/mail/(実行した年月日時分秒)/(inboxまたはoutboxまたはsentbox)

    バックアップ実行が自動手動か、いつ実行したか、フォルダは受信メール送信メール未送信メールか、といった条件で詳細な保存先が異なります。PC Link Toolのファイル管理で必要なフォルダを開き(データフォルダ/mnt/sdcardです)、ファイル名が(数字).vmgのものをPC側にコピーしてください。

  2. vmg2emlをインストールする
    他にも同様の変換ツールがありますが、デコメを含めてきちんと復活できたのはこちらでした。実行環境がJavaのため、jarファイルが動作する環境が必要ですが、この点Windows 7よりもWindows XPの方が準備が容易かもしれません。

  3. vmg2emlを実行する
    vmg2eml.jarを実行するとウインドウが表示されるので、vmgファイルの入っているフォルダを指定します。補完設定のチェックはオフにしておきます。実行ボタンを押すと、同じフォルダにemlファイルが生成されます。

  4. emlファイルを転送する
    spモードメールのアプリで取り込めるよう、emlファイルを以下のディレクトリに転送します。

    • /mnt/sdcard/private/docomo/mail/import

  5. spモードメールのアプリで取り込む
    起動直後のホーム画面でメニューキー取り込みの順にタップします。取り込み先を選択すると先程のディレクトリが表示されるので、メニューキー全選択の順にタップします。取り込みをタップすると、指定した取り込み先のインポートフォルダに取り込まれます。

  6. 後処理
    取り込んだメールを通常のフォルダに移動したり、emlファイルを消したりすれば、ほぼ元通り。返信済みのマークは消えますが、普通に復元しても同じ事なので…。

 ところで、vmgファイルを見ると、eml形式とそれほど変わらないことが分かります。変換ツールを自作してみるのも良いかもしれませんね!