読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひらいずみまゆの「?」第二部

読まれる事を少しは意識していますが、基本的に無責任な自分用のメモです。気まぐれ更新。

バックアップ関係とディレクトリ構成

N-07D

(微修正 2012/8/1-21:22)

 

※長いエントリーなのですが、内容の都合上、分けられません(ごめんね)。

 

 ドコモはガラケー向けに、ドコモケータイdatalinkというバックアップツールを用意しています。これを使うと、(外部コピーが禁止ではない)様々なデータを一括してバックアップでき、必要なときにいつでも復元することが可能になっています。

 スマートフォンの場合、あらゆるデータを一元的に管理する方法がありません。バックアップや復元を行いたい場合、データの種類によって方法が異なります。しかし逆に言えば、その方法さえ覚えておけば大丈夫というわけです。

 PC Link Toolを使えばデータディレクトリを直接読み書きできるので、ディレクトリ構成についても書いておこうと思います。

 

 まずはバックアップ方法の紹介(アプリのバックアップ方法は書いていません)。

 

  1. spモードメールのインポートとエクスポート
    spモードメールの一括バックアップは、SDカードバックアップ(下記)で行えるので、こちらを使う機会はあまり無いと思います。
    実際の動作ですが、spモードメールからeml形式(1通で1ファイル)への変換(エクスポート)や、その逆(インポート)を、個別または一括で行うことができます。spモードメールのアプリではエクスポートをSDへコピー、インポートを取り込みと表現しています。
    実行時の初期ディレクトリは、/mnt/sdcard/private/docomo/mail/export(またはimport)ですが、これはmicroSDカードのマウント先(/mnt/external_sd)ではありません。また、エクスポートは重複ファイルを排除しません(同じエクスポート処理を2回行うとファイルが2つずつできて、全部インポートすると2通ずつになる)。
    これの利点を挙げるなら、eml形式との相互変換ができるため、PC用のメールソフト等との間でデータ移行ができることです。なお、エクスポートの際にvMessage形式は使いません。こちらでエクスポートすると、そのままではインポートできないので注意してください。

  2. SDカードバックアップ
    標準で搭載されている、NTTドコモ製のアプリです。
    以下のデータをmicroSDカードに一括でバックアップまたは復元できます。また、一定の間隔(毎日、毎週、毎月)での自動バックアップも可能です。

    • 電話帳
    • spモードメール(受信メール,送信メール,未送信メール)
    • メディアファイル(画像,動画,音楽)
    • ブックマーク
    • 通話記録

    復元の際は、いつのバックアップデータを使用するかを指定します。メディアファイルの復元先は専用ディレクトリ固定になっていて(/mnt/sdcard/com.nttdocomo.android.sdcardbackup下)、元々あった場所にコピーされるわけではありません。また、復元方法には追加と上書きがあります。上書きを選ぶと、それまで復元先にあったデータはすべて消去(保護してあるデータも)されます。
    他には、バックアップしたデータの確認や削除を行う機能、電話帳アカウント(Googleアカウントまたは本体)をdocomoアカウントにコピーする機能があります。
    あくまでバックアップと復元を行うツールなので、個別のデータを取り出す用途には使えません。あと、バックアップしたデータはディレクトリ構成が失われているため注意してください。
    端末を初期化した後でspモードメールのデータを復元したい場合、一度spモードメールを起動(初回はソフトウェア使用許諾契約書に同意が必要)してから行ってください。利用開始前の状態では復元できません。

  3. バックアップとリセット
    システム設定/ユーザー設定にある項目です。Googleに魂を売ることを厭わないなら、設定しておくと便利です。細かい挙動がよく分かっていないので、設定画面の説明文をそのまま書いておきます。

    • データのバックアップ
      アプリのデータ、Wi-Fiパスワード、その他の設定をGoogleサーバにバックアップする
    • 自動復元
      アプリを再インストールする際に、バックアップした設定とデータを復元する

    この機能のおかげで、初期化後にWi-Fiの接続設定が復旧したのを確認しましたが、行われるタイミングはよく分かりません(手動実行はできません)。
    他にはデータの初期化という設定項目がありますが、これは端末の初期化と同義です。しっかりとバックアップを取ってから実行してみましょう。

  4. PC Link Tool
    PC用のプログラムで、データのエクスポートやインポート、メディアファイルのコピー(PCへの取り出しやPCからの転送)、内部のファイルシステム(microSDを含む)へのアクセスができます。初心者も上級者も必ずインストールし、PC Linkの設定を済ませておきましょう。

    • ファイル管理
      /mnt/sdcard(画面ではデータフォルダと表記) 以下の領域へアクセスし、PCのフォルダとの間でファイルやフォルダのコピーができます。
      最初にエクスプローラ形式で表示されますが、静止画や動画、音楽のいずれかのみを表示することもできます。複数のディレクトリにあるファイルがまとめて表示されるので、取り出す時は便利かもしれません。逆にこのまとめて表示された場所へファイルをドラッグ&ドロップすると、データフォルダ/private/NCMDT/PC_DATA 下にあるカテゴリ別のディレクトリに入るようです。
      とにかく中を直接触りたい時だけでなく、PCからメディアファイルを転送したい時に使えそうです。
      なお、microSDは データフォルダ/external_sd(つまり /mnt/sdcard/external_sd) にマウントされます。ここはテストに出るくらい重要ですよ。

    • バックアップ
      Email(spモードメールではないので注意)、SMS、連絡先、ブックマークの各データを、PCとの間でコピー(エクスポートまたはインポート)できます。
      試しに使ってみたのですが、個人的にはSDカードバックアップのみで間に合うようです。

    • おまかせコピー
      メディアファイルのうち静止画と動画を、PC側へコピーします。コピー方法は完全と差分があり、通常は後者を選んで新しいものだけをコピーすることになります。
      充電開始時におまかせコピーを開始する設定があるので、スタートアップへの登録とセットで有効にしておき、たまったデータを随時PCに取り込ませると便利です。

    ★PC Link Toolのダウンロード
    http://www.n-keitai.com/guide/download/pclink/n07d/

 

 PC Link Toolからアクセスできる領域のディレクトリ構成について、必要そうな部分だけをわかる範囲で書いておきます。カメラICS(ダウンロードアプリ)で撮影した画像や動画の保存場所も載せておきます。

 一覧には、初期化直後には存在しない(必要時にアプリが生成する)ものも含まれています。また、抜けていたり、内容の分からないものもありますが、ご容赦ください。

 

(現在更新中…?)

  • データフォルダ
    • com.nttdocomo.android.sdcardbackup
      • import
        SDカードバックアップの復元先
        • audio (音楽
          音楽データの参照先(本体
        • image (画像
          ギャラリーの参照先(image
        • video (動画
          ギャラリーの参照先(video
    • DCIM
      ギャラリー/カメラ撮影の参照先(下層のデータを認識)
      • 100ANDRO
      • 100NCMDT
        カメラで撮影した画像(保存先が本体メモリの場合)
      • Camera
        カメラICS(ダウンロードアプリ)で撮影した画像と動画(保存先が本体メモリの場合)
    • Download
      ダウンロードの保存先
    • external_sd
      microSDカードのマウント先(カード自体のルートディレクトリ)
      • com.nttdocomo.android.sdcardbackup
        SDカードバックアップの保存先(カテゴリごとに年月日時分秒のディレクトリを生成)
        • auto (定期)
          • bookmark (ブックマーク)
          • call (通話記録)
          • mail (spモードメール)
            年月日時分秒ディレクトリの下に、inbox(受信メール)、outbox(未送信メール)、sentbox(送信メール)のディレクトリを生成
          • multimedia (メディアファイル)
            • audio (音楽)
            • image (画像)
            • video (動画)
        • manual (手動) ※下層の構造はautoと同じ
      • DCIM
        ギャラリー/[SD]カメラ撮影の参照先(下層のデータを認識)
        • 100NCMDT
          カメラで撮影した画像(保存先がSDカードの場合)
        • Camera
          カメラICS(ダウンロードアプリ)で撮影した画像と動画(保存先がSDカードの場合)
      • SD_VIDEO
        ギャラリー/[SD]カメラ撮影の参照先(下層のデータを認識)
        • PRL001
          カメラで撮影した動画(保存先がSDカードの場合)
    • Movies

      ギャラリーの参照先(Movies
    • Music

      音楽データの参照先(本体
    • Notifications

      音楽データの参照先(本体
    • Pictures
      ギャラリーの参照先(下層のデータを認識)
    • Podcasts
    • private
      • docomo
        • mail
          • export
            spモードメールアプリでSDへコピーする際の初期位置
          • import
            spモードメールアプリで取り込みする際の初期位置
      • NCMDT
        • PC_DATA
          • Image
            PC Link Toolのファイル管理静止画へ送った時の転送先
            ギャラリーの参照先(Image
          • Movie
            PC Link Toolのファイル管理動画へ送った時の転送先
            ギャラリーの参照先(Movie
          • Music
            PC Link Toolのファイル管理音楽へ送った時の転送先
            音楽データの参照先(本体
    • Ringtones
    • SD_VIDEO
      ギャラリー/カメラ撮影の参照先(下層のデータを認識)
      • PRL001
        カメラで撮影した動画(保存先が本体メモリの場合)